火災保険雨漏りでは補償の対象になるのか

subpage1

火災保険雨漏りでは保証されるケースと補償されないケースで分かれます。


雨漏りの状況や何故雨漏りになったのかでも細かく分かれます。



火災保険雨漏り補償は自然災害の場合のみに受けることが出来ます。


自然災害とは主に落雷や突風や台風などです。
またその他にも豪雨や洪水も補償の対象となります。


また地域によっては雪やヒョウでも雨漏りになるでしょう。
もちろん積雪やヒョウによる雨漏りも、自然災害によるものと判断され補償されます。

これらの事が原因で起こった雨漏りは基本的に補償されることになります。
ほとんどの場合はこれらの事が原因だった場合は、火災保険雨漏りが適用されます。


例えば経年老化による雨漏りの場合です。
経年老化によって雨漏りが起きた場合には災害保険が適用されません。しかし規則では経年老化以外に自然災害による被害を受けた場合のみ補償を受けることが出来ます。

nanapiの情報が必ずあります。

ですので経年老化やその他の原因があり、補償の対象にはならなそうな場合も、多少でも自然災害による被害を受けていれば補償の対象となります。


つまり火災保険で雨漏りを修理するなら必ず少しでも自然災害による被害を受けていることが条件となります。


ただし自然災害による雨漏りかは第三の機関が調査します。



その為あくまでも目安ですので、必ず自然災害であると認められるわけではありません。


第三の機関から正式に認められて初めて自然災害による雨漏りとなり、補償が受けられる仕組みです。

しかし大抵の場合はすぐに自然災害だと認められるでしょう。