火災保険雨漏りで修理費用を確保するには

subpage1

家屋が火災によって被害を受けた場合に、一定の割合で保険金が受け取れる火災保険は、持ち家や賃貸を問わず加入している人が多数を占めているものです。

雨漏り火災保険に関するご案内です。

しかしその契約内容には、火災のみならずその他の自然災害や人災に関しても保証されるケースがあることはご存知でしょうか。

火災保険雨漏りに関しても保険金の請求が可能です。


屋根が破損して修理をした場合や、室内の物品が雨漏りで使用不能になった場合などに火災保険雨漏りに対する保険金が支払われる場合があります。

@niftyニュースの専門技術を身につけましょう。

被害が発生した場合にはすぐに契約している保険会社に連絡をすることが良いでしょう。火災保険雨漏りの場合に保険金支払いの対象となるのは、台風や竜巻などの大きな被害を伴う突風で屋根が破損したケースや雹害によって屋根に穴が空いたケース、想定を超える大雨によってベランダの排水が追いつかず天井から雨水が染み出してきた場合など、明らかに自然災害と認められる状況であることが必要です。周辺の家屋にも多数の被害が出ている状況であれば、自然災害として罹災証明書を自治体に申請して取得する方法が一般的ですが、災害の規模が小さく自宅のみに被害が出た場合には、近隣住民など親族以外の第三者からの証明でもよいとされます。これは保険会社によって基準が異なる場合もありますので確認しておきましょう。



被災状況については詳細な証明写真、状況説明があったほうが申請が通過しやすくなります。


修理費用の見積もりも保険金申請用書類に添付する必要がある可能性も出てきますので、工務店などとの連携も取りましょう。