雨漏りは火災保険雨漏りで対処できます

subpage1

家の雨漏りは、突然何かのはずみで気がつくことがあります。
1度気が付くと、雨が降る度に気になり早く修理依頼をしたいと思うものです。


しかし、ここで出てくる問題がその修理費用です。


屋根の修理には、大きなものなら何十万円単位のお金が必要になります。


ここで利用したいのが、火災保険雨漏り対処です。


自宅を購入するときに、住宅ローンをする場合がほとんどです。

その際には、火災保険雨漏りが付いた保険の加入しているはずです。

どんな人にもマンション雨漏りにアクセスしてください。

火災保険なので、対象が火事だけと考えがちですが実は多くの火災保険には火災保険雨漏りという特約が付いています。台風などの災害で、屋根が破損した場合にはこの特約が適用されます。

T-SITE情報を利用してみませんか?

適用されると、雨漏り修理の費用は保険から支払いがされます。



まずは、自宅が加入している保険を確認することです。

連絡をすると、請求に必要な書類が送られてきます。

そして、修理依頼の会社に相談をすることです。

火災保険雨漏りの場合は、経年劣化のときには保険金の支払いはありません。

そのために、まず雨漏りの原因を修理依頼した会社に確認してもらい見積もりを書いてもらいます。

あとは、その見積もりと保険請求の種類を保険会社に送付します。


しばらくすると、保険会社から確認のために人が自宅に来ます。その際に、見積もりをした修理箇所を実際に確認します。これで、原因が天災などの場合と認められると保険で雨漏り修理ができることになります。

保険適用されると、費用負担はゼロ円でできます。